2019年7月22日より、RoHS指令の制限物質が6物質から10物質に拡大されます。
この特集では、RoHS指令とは何か、7月からの改正ポイントを含めてご案内いたします。


RoHS指令(ローズ指令)とは
RoHS指令とは Restriction of Hazardous Substances の頭文字で
電気電子機器(EEE
)における有害物質の使用制限に関するEU(欧州連合)の指令です。
製品の生産から廃棄・処分の過程において、有害物質から人の健康や地球環境を守ることを目的としています。

RoHS指令は、2003年2月13日のEU官報で公布され、2006年7月1日に施行されました。
その後、改正案が2008年12月に欧州委員会から公表され、2年にわたり協議が行われたのち
2011年7月1日にEU官報で公布され、7月21日に改正RoHSが施行されました。
これにより、旧RoHS指令(2002/95/EC 通称:RoHS1指令)は2013年1月2日に廃止となり、
1月3日から改正RoHS指令(2011/65/EU 通称:RoHS2指令)に置き換わりました。
そして今回、RoHS2の制限物質を定めた2011/65/EUのAnnexII(付属書II)を
置き換える官報「(EU)2015/863」が2015年6月4日に公布され、2019年7月22日から適用となります。

電気電子機器(EEE)
 電流や電磁場に機能を依存する機器のことで、定格電圧が交流で1000V未満、直流で1500V未満のものを指します。




RoHS2指令+(EU)2015/863の改正ポイント
<1>制限物質が6物質から10物質に拡大
RoHS2の制限6物質に4物質(DEHP、BBP、DBP、DIBP)が追加され、合計10物質になりました。


<2>カテゴリ別の規制開始時期
今回追加された4物質(合計10物質)の規制開始時期は、下記表のとおりカテゴリ毎に定められています。
カテゴリは、従来は適用対象外であった11番が新たに適用対象として追加されました。


日本国内のRoHS指令について
上記でもご案内している通り、RoHS指令とはEU(欧州連合)の指令のため
日本国内で販売されている全ての商品がRoHS指令に適合されているわけではありません。
しかし、国内でも環境や人の健康を守ることを目的とした製品の生産対策の取り組みが進んでおり、
RoHS指令に適合する商品が増えています。
商品をご購入の際には、RoHS指令適合製品であるか確認してみてはいかがでしょうか。


お願い
aMUSTに掲載している商品に関しましては、RoHS指令適合製品が確認でき次第
商品掲載ページにてご案内をしておりますが、ご案内ができていない商品もごさいます。
恐れ入りますが、RoHS指令について記載のない商品に関しましては
メーカーサイトにてご確認いただくか、お問合せフォームよりご連絡いただきますようお願い致します。